Invent or Die - 未来の設計者たちへ 3: 中島聡×松本徹三

90年代の初めのバブルの崩壊から始まった日本の「失われた10年」は今世紀に入っても続き、今や「失われた30年」になろうとしています。その時期と、パソコン・インターネット・スマートフォンによる社会の大変化の時期とが重なっているのは偶然ではありません。

バブルのピークだった1989年には、世界の時価総額ランキングのトップ10に、NTT、興銀、住友銀行、トヨタ自動車、東京電力など日本企業7社が並んでいました。しかし、2018年のトップ10からは日本企業は消え、Apple、Amazon, Microsoft, Alphabet/Google、Facebook、Alibaba、Tencent など、テクノロジーを活用してビジネスをしているグローバル企業ばかりが並んでいます。

つまり、パソコンやインターネットが普及し始めた1990年代を境に、世界経済の仕組みは大きく代わり、その変化を自ら作り出した米国や中国のテクノロジー企業は大躍進し、戦後の高度成長期に作られた、終身雇用、年功序列、新卒の一括採用、経営陣から構成される取締役会、護送船団方式、経団連、天下り、などの仕組みが大きな足枷となった日本企業は、国際競争力が大きく低下してしまったのです。

技術のさらなる進化によりもたらされる社会が、「暗いもの」になるのか、「明るいもの」になるのか」は、結局は人間次第なのです。それを「明るいもの」にするための努力は今のうちからスタートすべきだし、そこにビジネスチャンスも生まれるのです。

今こそ、デジタル・ネイティブな世代の若者が立ち上がり、テクノロジーを操り、シンギュラリティの時代にふさわしい起業家として次の時代の日本、そして世界を背負っていかなければなりません。

シンギュラリティ・ソサエティは、そんな「未来の設計者」たちを支援するために、「Windows 95を設計した日本人」として知られる中島聡と、「世界初のモバイルインターネット i-mode を世の中に送り出した男」として知られる夏野剛が発起人として設立した NPO です。

今回は、「 Invent or Die – 未来の設計者たちへ :3」と題し、ソフトウェアエンジニアである中島聡と、半世紀以上にわたり、世界のITビジネスの最先端で巨大企業の経営に携わってきた松本徹三氏が、「AIの真髄」に対する正しい理解にとどまらず、シンギュラリティに達した「究極のAI」に対し、私たち人間に突きつけられる向き合い方の選択についてまで、グローバルな観点から議論します。

<キーワード>

AIが神になる、BS(Before Singularity)、AS(After Singularity)、AI政府、科学と宗教、理想的な共産主義、哲人政治、ベーシックインカム

松本徹三(まつもとてつぞう)

(株)ジャパン・リンク代表取締役社長、ソフトバンク(株)シニア・アドバイザー

・伊藤忠(米国会社SVP、東京本社通信事業部長等)、クアルコム(日本法人社長、米国本社SVP)、ソフトバンクモバイル(取締役副社長)等で55年にわたり第一線の仕事をこなし、現在もなお、コンサルタントとして世界を舞台に活躍中。

<イベント概要>

・日程:2018年11月20日(火)
・時間:19時00分~22時00分(予定)
・場所:サイボウズ 東京オフィス カンファレンスルーム
・所在地:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
・URL:https://cybozu.co.jp/company/access/pdf/map_tokyo.pdf