Singularity Societyを立ち上げた理由

もともと私は新しいものが好きなので、それゆえに、プログラミングなどに誰も見向きもしなかったパソコンの黎明期に、プログラミングの楽しみを覚えることができました。結果として、学生時代に、Gameコンパイラ(世界初のオープンソースなコンパイラ)、CANDY(世界初のパソコン用 CAD)などを世の中に送り出すことができました。

早稲田の大学院を卒業した後は、一度は教授の勧めでNTTの研究所に入ったものの、1986年にMicrosoft の日本法人ができた途端に(教授に相談もせずに)転職してしまうという、「掟破り」な若者でした。当時のNTTは、バブルのまっただ中だったこともあり、株価総額が世界一の超優良企業で、そんなエリートコースから外れて、当時はベンチャー企業でしかなかった Microsoft に転職するなど、世の中の「大人」たちから見れば、「無謀な行動」でしかなかったのです。

その後、1989年には米国に渡り、Windows 95 と Internet Explorer 3.0/4.0 という「世の中を変える」製品の開発に関われたのはとても幸運でした。その後、シアトルで起業したり(UIEvolution 、現在は Xevo)、アルファブロガーに選ばれたり、iPhone アプリをいくつもリリースするなど、エンジニアとしてとても楽しい人生を送ることができました。あのまま NTT にいた場合に送ったであろう人生とは大違いです。

そんな私から見ると、今の日本は危機的な状態がにあります。90年代から普及し始めた、パソコン・インターネット・スマートフォンにより、世の中の仕組みは大きく変わりました。にも関わらず、日本では旧態依然とした時代遅れなシステム(新人の一括採用、年控序列、経団連、天下り、護送船団方式、経営陣から構成される取締役会など)がいまだに幅を効かせているからです。

いくつか元気なベンチャー企業が生まれたとはいえ、まだまだ小粒で、その多くがソーシャルゲームやFXなどの「搾取ビジネス」に手を染めるという有様です。技術革新の中心的な役割を担っている、Google、Amazon、Facebook、Microsoft、Apple、Netflix などのグローバル企業とまともに渡りあえる日本企業は存在しません。

90年代に始まった技術革新による世の中の変化のスピードは、今後、人工知能・ロボット・AR/VRなどの進歩により、さらに加速します。そして、IT業界にとどまらず、メディアから小売業まで含めた、あらゆる業種が技術革新により大変化を起こす、まさに「シンギュラリティの時代」がやって来ようとしているのです。

スマートフォンやインターネットをまともに使えない経営者が経営する旧態依然とした会社は、20年代にはことごとく淘汰されると考えて間違いありません。シャープや東芝に起こったことは他人事ではないのです、戦後の高度成長期の日本を支えた大半の企業が、すでに「茹でガエル状態」にあるのです。

そんな日本を見ていて、私が本当にもったいないと感じるのは、そんな茹でガエル状態の大企業に埋もれてしまっている優秀な人材です。シリコンバレーのようなベンチャー企業を育てる土壌のない日本では、未だに「一流大学を卒業して一部上場企業に就職する」という「敷かれたレール」から自ら外れることには大きなリスクが伴い、それが人材の流通を著しく妨げているのです。

この問題を解決するために何か私にできることがあるのではないか、と考えてきました。すでに、私は、ブログやメルマガを通じて、様々なメッセージを送ったり、自分自身でベンチャー企業をいくつか立ち上げてもいますが、もっとできることがあるように感じています。

その一つが、2年ほど前に堀江貴文さんに勧められた「オンラインサロン」です。オンラインサロンに問題意識の高い人、大企業に埋もれてしまっている優秀な人材、ベンチャー企業を立ち上げたものの方向性で悩んでいる人、などを集め、そこでいくつかのプロジェクトを実際に走らせることにより、企業をまたいだ人材交流の場を作り、将来の日本を、そして世界を担う人材とベンチャー企業を育てようという発想です。

オンラインサロンにすぐに踏み切れなかった理由は、それを営利事業として行うことに、私自身が納得できなかったからです。そんな場の主役は、あくまで集まったメンバーであるべきで、それを「株主のために利益を上げること」が目的である営利事業として行うことに矛盾を感じていたのです。

しかし、今年の初めにある人から、「NPOとして立ち上げるのが良いのではないか」と勧められた時に、それまでバラバラだったパズルが、パチンと音を立てて合わさるイメージが頭に浮かびました。

非営利団体としてオンラインサロンを立ち上げるのであれば、そこに矛盾は生じないし、そこから生まれたアイデアやプロトタイプをベースに企業を立ち上げる時にだけ、必要に応じてそこを営利事業としてスピンアウトすれば良いのです。

以上が、Singularity Society を NPO として立ち上げ、オンラインサロンでメンバーを集める理由です。

オンラインサロンに関しては、まずはコアとなるメンバーを50〜100人程度集め、「自動運転社会の将来像」「人工知能時代に相応しい教育・福祉のあり方」のような大きな絵を描きつつ、そこに至る段階で必要となるだろうサービスや製品の設計やプロトタイプの制作を通し、会社の枠を超えた人のネットワークを作りたいと考えています。 

オンラインサロンへのメンバーの正式募集は8月24日に開始しましたが(月会費は5,000円+消費税)、その際、入会希望者には小論文を書いてもらっています。この手のコミュニティを立ち上げる際には、初期のメンバーがとても重要なので、あえて「小論文を書く」という関門を作ることにより、当事者意識高い人を集めるためです。

フォーマットは自由ですが、優等生的な一般論よりは、自分が得意とする、もしくは自分が解決したいと感じている特定の分野に絞り、現時点での自分の考え、経験、実際に関わっているプロジェクト、立ち上げたいプロジェクト、自分が果たしたい役割、など書いていただければ結構です。

入会を希望する方は、オンラインサロンの紹介ページ https://lounge.dmm.com/detail/1248/ までアクセスしてください。